瀬戸整形外科クリニック 山陽小野田市 リウマチ科・リハビリテーション科

瀬戸整形外科クリニック  山陽小野田市
整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

「ヘバーデン結節」の「モヤモヤ血管 動注療法」

指が変形して痛い!ヘバーデン結節?


 

 
 
「指の第1関節が変形して痛い」場合、「ヘバーデン結節」の可能性があります。
特に45歳以上の女性に多く、レントゲンを撮影すると指の関節が変形しており、痛みが長引くことが多いです。
 
近年、「オクノクリニック」の奥野裕次先生が「運動器カテーテル治療」「動注療法」という新しい治療を開発され、「ヘバーデン結節」にも応用されています。
 
奥野先生は造影剤を用い、痛みの部位にモヤモヤ血管(異常な毛細血管)が増えている場合があることを発見。
栄養血管から注射する事でモヤモヤ血管が減少し、痛みや腫れが改善する事を確認されました。
国内の複数の大学病院と研究を進められ、多数の英語論文も発表、海外の学会でも多数講演をされています。
 
 
 

ヘバーデン結節など、手足の痛みに対する
「モヤモヤ血管 動注療法」とは?


【動注療法の特徴】
□ 日帰りで治療可能、予約制で治療時間は15分程度
□ 細い針による局所麻酔を行い、痛みは少ない
□ 治療当日も、日常生活可能
□ 副作用は皮下出血など、軽微なものがほとんど
 
【モヤモヤ血管 動注療法を受けるには?】
ヘバーデン結節や手足の痛みでお困りの方は、外来を受診下さい。日本手外科学会専門医の院長が診察させていただきます。
動注療法の適応と判断した場合、治療についてご説明し、ご同意頂けましたら治療の予約をお取りします。
保険適応はなく自費診療となります。
 
母指CM関節症・リウマチ・足底腱膜炎・外反母趾などの痛みにも施行できますので、お困りの方はご相談下さい。